周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

料理教室の生徒1000人超え レストラン経営に乗り出して…

公開日: 更新日:

一介の料理研究家から実業家への転身物語<4>

 売れっ子料理研究家となった小薇(シャウウェイ)氏。テレビ番組の出演に雑誌のレシピ連載、コンクールの審査員に講演会……。抜群な知名度で料理教室に集まる生徒はついに1000人を超えた。

「“桃李満天下”(至る所に教え子がいる)と言いますが、レシピを盗むため生徒を装って教室に通う同業者がいたり、一方では忙しさのあまりアシスタントが次々辞めたりして……。過労の上に心労も重なって、体力の限界を感じました」

 そんなある日、知り合いのオーナーシェフら友人たちから、レストラン経営を勧められる。飲食店勤務の経験はないが、料理教室の経営と大差はないはずと軽く考えた。知名度もあり、生徒もついているからきっとうまくいく――。小薇氏は開店を決意する。

 2016年の春にプレオープン。新宿御苑の桜が舞う季節だった。開店のウワサはパッと広がり、生徒や友達が次から次へ押し寄せた。小薇氏は胸をなで下ろした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る