周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

あだ名は“小吃貨”上海の日系企業の社長秘書を経て来日

公開日: 更新日:

一介の料理研究家から実業家への転身物語<2>

 料理研究家から見事に女性実業家に転身した小薇(シャウウェイ)氏。ランチタイム終了後、調理場を片付けながら、カウンター越しに自分の生い立ちを明かす。

「本名は蔡薇(ツァイウェイ)と言います。漢民族ですが、70年、新疆ウイグル自治区のウルムチ市に生まれました。というのは植物学者だった父と歌手だった母が、2人とも政府の呼びかけで辺境建設のため上海から新疆に移住したからです。両親が共働きのため、私は生まれて6カ月で、上海に住む祖母の元に預けられ、“おばあちゃん子”に。小学校に上がるまでずっと、祖母のそばで幼少期を過ごしました」

 70年代、中国は文化大革命の真っただ中。生産が停滞し、物資が不足していた。計画経済の下に、“柴米油塩醤酢茶”の生活用品すべてが配給制。それでも、貧しかった人民は、僅かながら生活の楽しみを享受していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る