周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

あだ名は“小吃貨”上海の日系企業の社長秘書を経て来日

公開日: 更新日:

一介の料理研究家から実業家への転身物語<2>

 料理研究家から見事に女性実業家に転身した小薇(シャウウェイ)氏。ランチタイム終了後、調理場を片付けながら、カウンター越しに自分の生い立ちを明かす。

「本名は蔡薇(ツァイウェイ)と言います。漢民族ですが、70年、新疆ウイグル自治区のウルムチ市に生まれました。というのは植物学者だった父と歌手だった母が、2人とも政府の呼びかけで辺境建設のため上海から新疆に移住したからです。両親が共働きのため、私は生まれて6カ月で、上海に住む祖母の元に預けられ、“おばあちゃん子”に。小学校に上がるまでずっと、祖母のそばで幼少期を過ごしました」

 70年代、中国は文化大革命の真っただ中。生産が停滞し、物資が不足していた。計画経済の下に、“柴米油塩醤酢茶”の生活用品すべてが配給制。それでも、貧しかった人民は、僅かながら生活の楽しみを享受していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る