周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

カルチャーセンターで始めた中華料理教室が大盛況

公開日:

一介の料理研究家から実業家への転身物語<3>

 中国出身の異色の女性料理研究家、小薇(シャウウェイ)――。幼少期に祖母から家庭料理のイロハを教わり、少女時代には新疆でウイグル料理の味覚を鍛え、結婚してからは姑から日本料理の薫陶を受けた。料理研究家としてデビューするのも、“瓜熟蒂落”(ほぞ落ちする)のように、ごく自然なことだった。

「キッカケは2000年から朝日カルチャーセンターで始めた料理教室。中国料理クラスを受け持ち、週2回教えました。中国各地の家庭料理をはじめ、これまで日本に知られていない中華圏イスラムの味を生徒たちに伝授したのです。日本の料理界に新しい風を吹かせたのか、たちまち話題となりました。週末の教室はいつも満員でした」

 小薇氏の料理の持ち味は、食材の風味や自然の味を生かしつつ、中国の伝統の味を守りながら和や洋の要素を取り入れて、モダンで斬新なスタイリングを生み出すと評価される。その多彩な料理のセンスが、たびたび料理コンクールでも旋風を巻き起こす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る