ジビエ「猟師から直送」は要注意 消費者団体が“怖さ”解説

公開日: 更新日:

 ジビエ肉がブームだ。高級店だけでなく、居酒屋やファストフード店でも提供。通販で取り寄せている人もいるだろう。しかし、ジビエ料理を楽しみたいなら、怖さも知っておいたほうがいい。

「認可を受けていないジビエ肉も、世の中に出回っているのです」

 こう言うのは、消費者団体「安全で美味しい日本ジビエを食べる会」代表の月岡照善氏だ。

 10月に立ち上がったばかりの同会の目的は、消費者にとって知るべきジビエ肉の情報を発信し、安全なジビエ肉の消費を促進すること。前述の「認可を受けていないジビエ肉問題」があるからだ。

「狩猟者が、狩猟した肉を自家消費するのは合法。しかし、小売りやレストランでジビエ肉を商用で提供する時は食品衛生法が関わってきます。食肉処理業や食肉加工業などの認可を受けた施設で適正に処理されたジビエ肉のみが流通可能なのです」(月岡照善氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る