ジビエ「猟師から直送」は要注意 消費者団体が“怖さ”解説

公開日: 更新日:

 ジビエ肉がブームだ。高級店だけでなく、居酒屋やファストフード店でも提供。通販で取り寄せている人もいるだろう。しかし、ジビエ料理を楽しみたいなら、怖さも知っておいたほうがいい。

「認可を受けていないジビエ肉も、世の中に出回っているのです」

 こう言うのは、消費者団体「安全で美味しい日本ジビエを食べる会」代表の月岡照善氏だ。

 10月に立ち上がったばかりの同会の目的は、消費者にとって知るべきジビエ肉の情報を発信し、安全なジビエ肉の消費を促進すること。前述の「認可を受けていないジビエ肉問題」があるからだ。

「狩猟者が、狩猟した肉を自家消費するのは合法。しかし、小売りやレストランでジビエ肉を商用で提供する時は食品衛生法が関わってきます。食肉処理業や食肉加工業などの認可を受けた施設で適正に処理されたジビエ肉のみが流通可能なのです」(月岡照善氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る