大鶴義丹さん「ネットのない時代が逆に羨ましい世の中に」

公開日: 更新日:

 ナンパに励む若者たちの青春を描いた「スプラッシュ」(1990年)ですばる文学賞を受賞した作家で俳優の大鶴義丹さん(50)。父は唐十郎(78)、母は女優の李麗仙(76)だ。待ち合わせたのは、所属事務所の会議室。記者とカメラマンが到着するのを一人で待っていてくれた。偉ぶるところが、みじんも感じられない。

  ◇  ◇  ◇

「父は一般的な人よりは本を読む方でしたが、本の虫というほどではなかったですね。ただ、家には書棚があって、ジャン・ポール・サルトルなんかが置いてありました。僕はというと、当時の小学生の定番ですが、SFや冒険ものが好きでした。ジュール・ベルヌの『地底探検』、ダーウィンの冒険記『ビーグル号航海記』は、よく読んでいました」

 ここからが昭和の小学生たちだ。子供が朝から晩まで遊ぶのが当たり前の時代。本の内容は、すぐに実践に移された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る