• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

作家・片山恭一さん 「万葉集」の解説書で文学に出会う

 九州大学大学院時代に文学界の新人賞を受賞、ところがその後長い間、作品が単行本化されない時代が続く。事態が一転したのは、2001年4月。「世界の中心で、愛をさけぶ」が刊行されると、国内単行本最多の販売数306万部を記録するベストセラーに。そんな作家人生の原点、それは万葉集だった。

 文学との最初の出合いは、地元の愛媛県立宇和島東高校2年生のとき、万葉集の解説書だった。

「学校で突然意識を失い倒れてしまったんです。医者からは『脳腫瘍の疑いがある』と言われました。知り合いにも、この病気で亡くなった人がいましたから、『自分はどうなるのだろう』と不安に駆られましたね。そんなある日、父が趣味の和歌のために買った万葉集の解説書をふと手に取ったのです。恋人同士が消息を通じて問い交わす相聞歌や死者を悼み哀傷する挽歌などから、人の愛や死について考えさせられました。今から思えば、これが文学との出合いでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る