作家・下村敦史さん 一冊の本を書くのに100冊の参考資料を

公開日:

 2014年、「闇に香る嘘」で第60回江戸川乱歩賞を受賞し、作家デビュー。今年4月に発売された「黙過」(徳間書店)の評価も高く、今最も注目を集めるミステリー作家の下村さん。その本棚をのぞかせてもらうと、作品のために読んできた資料がズラリ。

「今回の『黙過』では移植医療を題材に扱ったのですが、移植については『闇に香る嘘』のときにもいろいろ調べたんです。なので、それをまた読み返すという形になりました。養豚や尊厳死など、移植以外の資料も合わせて、今回は30冊近くの資料を参考にしました」

 必要な文献を集めるだけでも大変そうだ。

「最近は編集者も助けてくれるので少しは楽になりました。でもデビュー前は、100冊の参考資料を読んで書いた作品もあります。そのときは裁判員制度を題材にしていて、法律の専門書をひたすら読み込みましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る