作家・下村敦史さん 一冊の本を書くのに100冊の参考資料を

公開日:

 2014年、「闇に香る嘘」で第60回江戸川乱歩賞を受賞し、作家デビュー。今年4月に発売された「黙過」(徳間書店)の評価も高く、今最も注目を集めるミステリー作家の下村さん。その本棚をのぞかせてもらうと、作品のために読んできた資料がズラリ。

「今回の『黙過』では移植医療を題材に扱ったのですが、移植については『闇に香る嘘』のときにもいろいろ調べたんです。なので、それをまた読み返すという形になりました。養豚や尊厳死など、移植以外の資料も合わせて、今回は30冊近くの資料を参考にしました」

 必要な文献を集めるだけでも大変そうだ。

「最近は編集者も助けてくれるので少しは楽になりました。でもデビュー前は、100冊の参考資料を読んで書いた作品もあります。そのときは裁判員制度を題材にしていて、法律の専門書をひたすら読み込みましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る