• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

文月悠光さんはモヒカン高校生の詩に衝撃を受け詩人の道へ

 2008年、高校2年生のときに過去最年少16歳で現代詩手帖賞を受賞。続いて18歳で中原中也賞を最年少受賞。今、注目を浴びる若手詩人のひとり、文月悠光さんが、詩を書くきっかけになったのが、小学4年生の頃に学校の図書館で出合った一冊の本だった。

「『くずかごの中の詩―都立代々木高校のある青春』という、都立高校の先生が書いた本なんですが、この中に、モヒカンの男子高校生が書いた詩が載っていたのです。それまでは詩人といえば教科書に載っているような昔の文豪や、もう大御所になられた年配の偉大な詩人しか知らなかったのですが、これを読んで、高校生の男の子が書けるのなら、自分にもできるかもしれないと10歳ながらに思ったんです」

 そこで、当時つけていた日記に、ときどき詩を書くようになったという。

 一冊の本との出合いから詩人への道を進んでいった文月さんは、中学2年生になると、現代詩の月刊雑誌「現代詩手帖」(思潮社)を読み始める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る