文月悠光さんはモヒカン高校生の詩に衝撃を受け詩人の道へ

公開日:  更新日:

 2008年、高校2年生のときに過去最年少16歳で現代詩手帖賞を受賞。続いて18歳で中原中也賞を最年少受賞。今、注目を浴びる若手詩人のひとり、文月悠光さんが、詩を書くきっかけになったのが、小学4年生の頃に学校の図書館で出合った一冊の本だった。

「『くずかごの中の詩―都立代々木高校のある青春』という、都立高校の先生が書いた本なんですが、この中に、モヒカンの男子高校生が書いた詩が載っていたのです。それまでは詩人といえば教科書に載っているような昔の文豪や、もう大御所になられた年配の偉大な詩人しか知らなかったのですが、これを読んで、高校生の男の子が書けるのなら、自分にもできるかもしれないと10歳ながらに思ったんです」

 そこで、当時つけていた日記に、ときどき詩を書くようになったという。

 一冊の本との出合いから詩人への道を進んでいった文月さんは、中学2年生になると、現代詩の月刊雑誌「現代詩手帖」(思潮社)を読み始める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る