文月悠光さんはモヒカン高校生の詩に衝撃を受け詩人の道へ

公開日:  更新日:

 2008年、高校2年生のときに過去最年少16歳で現代詩手帖賞を受賞。続いて18歳で中原中也賞を最年少受賞。今、注目を浴びる若手詩人のひとり、文月悠光さんが、詩を書くきっかけになったのが、小学4年生の頃に学校の図書館で出合った一冊の本だった。

「『くずかごの中の詩―都立代々木高校のある青春』という、都立高校の先生が書いた本なんですが、この中に、モヒカンの男子高校生が書いた詩が載っていたのです。それまでは詩人といえば教科書に載っているような昔の文豪や、もう大御所になられた年配の偉大な詩人しか知らなかったのですが、これを読んで、高校生の男の子が書けるのなら、自分にもできるかもしれないと10歳ながらに思ったんです」

 そこで、当時つけていた日記に、ときどき詩を書くようになったという。

 一冊の本との出合いから詩人への道を進んでいった文月さんは、中学2年生になると、現代詩の月刊雑誌「現代詩手帖」(思潮社)を読み始める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る