ドロンズ石本
著者のコラム一覧
ドロンズ石本タレント

食レポに俳優とマルチに活躍中のタレント。ラーメン食べ歩き番組のMCも務める食通で、飲食店「馬肉屋たけし」のオーナーでもある。

新中野「牛こくラーメンまる勝」で楽しめる高級中華の味

公開日: 更新日:

 さ~今回は、前から気になっていたお店に行ってまいりましたよ~。東京メトロ・丸ノ内線の新中野駅から歩いて3分、中野通り沿いの「牛こくラーメンまる勝」さんです。

 小さなお店なのですが、「我が味の師はお客様なり」と壁に書かれ、暖簾をくぐれば「唯一無二の和牛ラーメン」と書いてある。こだわりが伝わり、楽しみになってきますねえ。初めての訪問ですので、シンプルに自慢のスープを味わおうと、「ねぎらーめん」500円を注文しました。

 そして、メニューを眺めていると、和牛チャーシュー1枚100円と出ているじゃありませんか。思わず「チャーシュー1枚追加で!」と頼んじゃったよ(笑い)。

 待つこと4分、熱々の丼が出てきましたよ~。牛だけに「モ~、めちゃくちゃうまそうじゃん」とダジャレを言って、話しかけちゃった。さてと、まずはスープを一口すすります。う~ん、スッキリの醤油ベースに、牛の甘味とうま味がする~。こりゃあ高級感が漂ってるよ~。高級中華料理店の料理みたいなんです。モ~しあわせ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  6. 6

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  10. 10

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

もっと見る