江戸前海苔はなぜ激減したのか 養殖が史上最悪の大凶作に

公開日: 更新日:

 江戸前海苔が消えるのではないか――。そんな心配の声が上がっている。

 千葉県の木更津市や富津市などの東京湾で養殖されている江戸前海苔は「色、味、香り」に優れ、人気が高い。

 ところが、例年にない不漁となっている。昨年11月からの養殖が4月で終了したが、史上最悪の凶作となった。

 千葉県漁業協同組合連合会(千葉漁連)によると、今シーズンの生産量は1億4000万枚で、前シーズンより2000万枚減った。統計が残る1977年以降で、過去最低になった。ピーク時には6億枚だった千葉県産江戸前海苔は、2015年に2億枚を割ってから“右肩下がり”が続く。今やピーク時の4分の1だ。一体、何が原因なのか。千葉漁連の担当者に聞いた。

「今シーズンは冬場の水温が1~2度高かった。高温は海苔の生育に影響します。加えて本来、冬になると暖かい海へ逃泳するクロダイやアイゴなどの魚が海温が暖かいため、東京湾にとどまってしまったのです。エサとなるヒジキやワカメが減っていることもあって、クロダイなどが養殖海苔をエサとして食べたのではないかとみられています。魚からすれば、養殖場はエサが集中して存在する格好の場所でしょうからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る