国産大豆が凶作…“物価の優等生”納豆は値上がりするのか

公開日: 更新日:

 国産大豆の収穫量が激減している――。「物価の優等生」ともいわれる納豆や豆腐の価格は跳ね上がるのか。

 農水省の「農林水産統計」によると2018年産国産大豆の全国収穫量は前年比16%の大幅減の21万2900トンだった。

「主産地の北海道での低温、日照不足、多雨や、北陸、東海での台風の影響です」(農水省・生産流通消費統計課)

 実際、国産大豆の取引価格はうなぎ上りだ。

 日本特産農産物協会によると、18年産普通大豆の平均落札価格は、昨年12月は60キロ当たり7992円だったが、3月は9312円。16%も上昇している。

 17年度の大豆の食料自給率はたったの7%(重量ベース)と、輸入大豆が圧倒的だ。理由はズバリ価格。輸入品は国産品より3~4割安い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る