「漁業権」見直しで日本人の口にまともな魚が入らなくなる

公開日: 更新日:

 まともな魚が食べられなくなるかもしれない――。今月6日に閣議決定された水産改革関連法案をめぐってこんな不安の声が起きている。

 現在、漁業権は地元の漁協や漁業者に優先的に割り当てられている。今回の法案はこの優先順位の規定を廃止し、一般企業などが参入できるよう変更する内容だ。約70年ぶりの抜本的見直しで、政府は臨時国会での成立を目指している。

「全国の漁港には十分に有効活用されていないところも見受けられます。そうした漁港の漁業組合に説明をして、企業などが参入しやすい体制にするのが目的です」(水産庁漁業調整課)

 漁業権は3分野に分類される。①いけすをつくって魚介類を養殖する「区画漁業権」②巨大な網を設置する「定置漁業権」③漁民がサザエやウニを採取する「共同漁業権」――だ。今回のルール改正の目玉は養殖の「区画漁業権」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  8. 8

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る