松本圭司
著者のコラム一覧
松本圭司美薄毛研究家

1973年、神戸市生まれ。慶応大学環境情報学部卒業、神戸大学大学院修了(MBA)。20代後半から頭髪が後退し、コンプレックスを抱く。2016年にハゲの人が自信が持てるライフスタイルを提唱する「カルヴォ」を設立。近著に「ハゲを着こなす」(WAVE出版)がある。

会話中のイヤな生え際への視線は“顔重心”への操作で散らす

公開日: 更新日:

 薄毛に悩む男性にとって忘れてはならないのが「顔重心」。

 これは女性の間では知られているテクニックなのだが、ポイントやアクセントをつけることで、他人からの目線をコントロールする技術のこと。

 例えば、ワンピースの上下を分けている分割線の位置で細く見せたり、体につけたワンポイントのアイテムで他人からの視線を意図的に変えることができる。

 美薄毛研究家の松本圭司氏(カルヴォ代表)がこう言う。

「ハゲ薄毛男性なら誰しも経験したことがある、会話中に相手の視線が自分の目ではなく、“髪の生え際”に向かっている感じ。思わず怒りたくなります(笑い)。でも、考えてみると、あるべきところにあるべきもの(髪)がないわけですから、そうなるのが自然です。これは頭部におけるポイントが生え際に集中しているからです。逆に言えば、顔重心を操作することで錯覚をさせることもできるわけです。髪を短く刈り込み、インパクトのあるメガネをかけるとか。私の経験ですが、この効果で視線が上に向かうのを防ぐことができました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る