松本圭司
著者のコラム一覧
松本圭司美薄毛研究家

1973年、神戸市生まれ。慶応大学環境情報学部卒業、神戸大学大学院修了(MBA)。20代後半から頭髪が後退し、コンプレックスを抱く。2016年にハゲの人が自信が持てるライフスタイルを提唱する「カルヴォ」を設立。近著に「ハゲを着こなす」(WAVE出版)がある。

会話中のイヤな生え際への視線は“顔重心”への操作で散らす

公開日: 更新日:

 薄毛に悩む男性にとって忘れてはならないのが「顔重心」。

 これは女性の間では知られているテクニックなのだが、ポイントやアクセントをつけることで、他人からの目線をコントロールする技術のこと。

 例えば、ワンピースの上下を分けている分割線の位置で細く見せたり、体につけたワンポイントのアイテムで他人からの視線を意図的に変えることができる。

 美薄毛研究家の松本圭司氏(カルヴォ代表)がこう言う。

「ハゲ薄毛男性なら誰しも経験したことがある、会話中に相手の視線が自分の目ではなく、“髪の生え際”に向かっている感じ。思わず怒りたくなります(笑い)。でも、考えてみると、あるべきところにあるべきもの(髪)がないわけですから、そうなるのが自然です。これは頭部におけるポイントが生え際に集中しているからです。逆に言えば、顔重心を操作することで錯覚をさせることもできるわけです。髪を短く刈り込み、インパクトのあるメガネをかけるとか。私の経験ですが、この効果で視線が上に向かうのを防ぐことができました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る