元マトリ高濱良次さん<3>麻取の花形は情報を取ってくる人

公開日: 更新日:

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧、元ジャニーズ田口淳之介と薬物逮捕が続いた。

 どちらも関東信越厚生局(東京)の麻薬取締部のお手柄だった。

「麻薬取締官の仕事は内偵やガサ(家宅捜索)、取り調べなど多岐にわたりますが、最も花形なのは外部に協力者を持っていて、“情報を取ってくる人”なのです」

 マトリの本来の仕事は販売ルートの解明にある。中毒患者を検挙するのは主に警察の仕事だ。とはいえ、新米取締官に外部の密告者などすぐに見つかるわけがない。

「まだ情報を十分に取れなかった若い頃は、逮捕者の取り調べに力を入れてました。私はどちらかというと、女性を落とすのが得意。男の極道はなかなか口を割りませんが、女性はとことん話を聞いてやると事情を話してくれたものです。ある時は京都でパクったヒッピーのカップルの女性の方を取り調べました。夕方まで粘りに粘って販売ルートのネタ元が福生(東京)の米軍基地近くに住んでいることがわかった。通常、こうした大金星の時は落とした人間が福生に出張するものですが、もともと今回の情報を取ってきた先輩が『しばらく東京に行ってないなぁ』と私をのけて行ってしまった。課長もその先輩には遠慮して許可したものです。それくらい情報を取ってくる人はスターなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

もっと見る