元マトリ高濱良次さん<3>麻取の花形は情報を取ってくる人

公開日: 更新日:

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧、元ジャニーズの田口淳之介と薬物逮捕が続いた。

 どちらも関東信越厚生局(東京)の麻薬取締部のお手柄だった。

「麻薬取締官の仕事は内偵やガサ(家宅捜索)、取り調べなど多岐にわたりますが、最も花形なのは外部に協力者を持っていて、“情報を取ってくる人”なのです」

 マトリの本来の仕事は販売ルートの解明にある。中毒患者を検挙するのは主に警察の仕事だ。とはいえ、新米取締官に外部の密告者などすぐに見つかるわけがない。

「まだ情報を十分に取れなかった若い頃は、逮捕者の取り調べに力を入れてました。私はどちらかというと、女性を落とすのが得意。男の極道はなかなか口を割りませんが、女性はとことん話を聞いてやると事情を話してくれたものです。ある時は京都でパクったヒッピーのカップルの女性の方を取り調べました。夕方まで粘りに粘って販売ルートのネタ元が福生(東京)の米軍基地近くに住んでいることがわかった。通常、こうした大金星の時は落とした人間が福生に出張するものですが、もともと今回の情報を取ってきた先輩が『しばらく東京に行ってないなぁ』と私をのけて行ってしまった。課長もその先輩には遠慮して許可したものです。それくらい情報を取ってくる人はスターなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  7. 7

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

  10. 10

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る