元マトリ高濱良次さん<2>早朝の2階窓からガサ入れに突入

公開日: 更新日:

 時は大阪万博。大阪の街並みもいざなぎ景気の余韻に酔いしれていた。

 ところが、高濱さんは大阪市役所職員を1年で退職。地元の製薬会社でアルバイトをしていた。

「大阪の街は景気が良くて、道行く人たちも華やいで見えた。7月にふらりと大学に遊びに行ったら、就職掲示板に『麻薬取締官募集』の張り紙があったのです。そこで本来は現役学生でないから資格がないのですが、面接を受けに行ったら、あっけなく思うほど即、採用になった。というのも、昔は麻薬取締官なんか誰もやりたがらなかったのです。給与面でも見劣りし、民間が年間100万円くらいボーナスが出た時に、私らは夏冬にそれぞれ10万円程度。今は『警察24時』みたいなテレビ番組があって、それを見た学生が大勢試験を受けに来ますが、当時はそんなものでしたよ」

 最初に配属されたのが近畿地区の部署だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る