【京成青砥編】神社と同じ店名を見つけ狭い階段を上ると…

公開日: 更新日:

 センベロの聖地といえば東京・葛飾の京成立石駅周辺――。

 が、あまりに有名になり過ぎて「観光客ばかり」と評判になって以降は、すっかり足が遠のいているらしい。

 そんな中、立石の有名店で修業した人が隣駅の青砥に店を出し繁盛していると噂に聞き、馳せ参じた。

 まずは駅の東口を降り、徒歩3分の「淡之須(あわのす)福森稲荷神社」へ。お初の街で飲む時は験担ぎに地元の氏神をお参りすることにしている。町の集会所を併設した社殿に、「今宵はお邪魔します」と、かしわ手を打つ。

 再び駅に戻り、駅の反対側の繁華街に行こうと思ったが、通りすがりの路地で気になる赤提灯を発見。その名も「あわのす」。神社の名前と同じではないか。雑居ビルの2階で中が見えず、怪しさプンプン。これって神様のお導き? と、狭い階段をゆっくりと上った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  3. 3

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  4. 4

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  9. 8

    テラハ問題で木村花さん母が告発 フジ“ヤラセ教唆”の罪深さ

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    政財界の大物たちが役員を務める「受け入れ団体」の怪しさ

もっと見る