東京五輪の先着順チケットはホッケー&サーフィンが狙い目

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪の観戦チケット抽選で外れてガッカリの人に耳寄りな情報だ。今秋から公式サイトで始まる先着順の販売では、ホッケーやサーフィンが狙い目だ。

 21日の朝日新聞によると、大会組織委員会は競技ごとの申し込み状況や倍率などは非公表だが、各競技団体にはある程度の情報が伝えられているという。

 それによると、水泳、柔道などは“狭き門”だが、逆に日本ホッケー協会の関係者は「チケットがかなり売れ残っていると聞いた」と真っ青。新たに五輪に加わったサーフィン関係者も「期待より少なかった」という。

 国際オリンピック委員会は大会後、観客動員やテレビ視聴率などから各競技の人気度を査定。不人気だと五輪種目から外されたり、選手数を削減されるからシビアだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る