9月20日開幕 ラグビーW杯のチケットはまだ買えるのか?

公開日: 更新日:

 東京五輪の観戦チケットの抽選申し込みは水曜日で終了し、五輪の話題は一段落。だが、よくよく考えてみたら、五輪の前に今年は世界的なスポーツイベントが控えている。「ラグビーワールドカップ」(9月20日開幕)だ。ラグビーファンは富裕層が多く、約50万人のサポーターが世界各地から来日する見込みだ。

  ◇  ◇  ◇

 ラグビーワールドカップは、夏季五輪、サッカーワールドカップに並ぶ世界3大スポーツイベントのひとつ。今年は日本がホスト国で、9月20日の「日本―ロシア」戦(東京スタジアム)を皮切りに、11月2日の決勝戦まで国内12都市で48試合が行われる予定だ。

 前回は4年前のイングランド大会。日本代表が強豪・南アフリカ(当時世界ランク3位)を破り、内外で大きな話題になった。“祈りポーズ”の五郎丸歩選手や、主将のリーチマイケル、さらにはヘッドコーチのエディー・ジョーンズらが、脚光を浴びたのは記憶に新しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  9. 9

    「偽装不倫」話題にならず…杏が迫られる“イメチェン演技”

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る