「笑わない人」は「よく笑う人」の死亡率2倍に=山形大調査

公開日: 更新日:

「笑わない人は、よく笑う人に比べて死亡率が2倍になる」――こんな研究結果を山形大学医学部のチームが25日、会見で明らかにした。

 看護学科の櫻田香教授のグループが、山形や酒田など県内7つの市に住む40歳以上の男女約1万7100人を対象に、約8年かけて死亡率などを追跡調査。

 その結果、「ほとんど笑わない人」は「週に1回以上よく笑う人」に比べ、死亡率は約2倍に。また、心筋梗塞や脳卒中などいわゆる「心血管疾患」の発症リスクも高かったという。

 櫻田教授は「笑うと食後の血糖値が上がりにくい、血管の弾力性が上がる、免疫力がアップするといった報告がいくつかある。こうした複合的な要因でこのような結果につながっているのでは」と分析している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る