トラブル続出…婚活写真の“顔加工”はどこまで許される?

公開日: 更新日:

「Pairs」や「タップル誕生」「Omiai」など婚活市場に欠かせなくなっているマッチングアプリ。実際、恋人ができたり、結婚するカップルも増えている。だが、ネットゆえのトラブルも……。

 MMD研究所などの共同調査「2019年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」(対象1179人)によれば、トラブルや詐称の遭遇経験は約半数に上る。その種類は、性行為目的や年齢・年収などの経歴詐称、宗教やマルチ勧誘などが上位かと思いきや、意外なことに最も多かったのは「顔の見た目(写真)の詐称」(36%)。女性も35%で2位だった。

 男女問題研究家の山崎世美子氏もこう言う。

「結婚相談所のお見合いでも増えているのが、写真と実物が違うというクレームです。というのも、婚活の出会いでは、最初の5分以内が勝負です。見た目の要素が大きく、許容範囲かどうかでその後の性格や経歴まで光ってくるので修整が日常茶飯事。しかし、やり過ぎると、相手は期待していた分、これまでのメールのやりとりさえムダだったと感じ、怒りも倍増するのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  4. 4

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  5. 5

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  8. 7

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  9. 8

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    小池氏“地元”池袋で有力者と集会出席…選挙優先で支持固め

もっと見る