トラブル続出…婚活写真の“顔加工”はどこまで許される?

公開日: 更新日:

「Pairs」や「タップル誕生」「Omiai」など婚活市場に欠かせなくなっているマッチングアプリ。実際、恋人ができたり、結婚するカップルも増えている。だが、ネットゆえのトラブルも……。

 MMD研究所などの共同調査「2019年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」(対象1179人)によれば、トラブルや詐称の遭遇経験は約半数に上る。その種類は、性行為目的や年齢・年収などの経歴詐称、宗教やマルチ勧誘などが上位かと思いきや、意外なことに最も多かったのは「顔の見た目(写真)の詐称」(36%)。女性も35%で2位だった。

 男女問題研究家の山崎世美子氏もこう言う。

「結婚相談所のお見合いでも増えているのが、写真と実物が違うというクレームです。というのも、婚活の出会いでは、最初の5分以内が勝負です。見た目の要素が大きく、許容範囲かどうかでその後の性格や経歴まで光ってくるので修整が日常茶飯事。しかし、やり過ぎると、相手は期待していた分、これまでのメールのやりとりさえムダだったと感じ、怒りも倍増するのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る