前年同期比68%増加…世界の中央銀行が金を買っている理由

公開日: 更新日:

金投資編(7)

 世界の中央銀行が金を買っている。金の国際的な調査会社、ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)によると、2019年1~3月に中央銀行が買った金の量は145.5トンとなった。前年同期比68%の増加で、第1四半期としては6年ぶりの高水準。これが金価格上昇の一因になっている。

 なぜ中央銀行は金を買っているのか。外貨準備高が関係している。これは各国の中央銀行が保有している外貨建て資産のことで、自国通貨の為替相場が急激に変動したときなどに利用される。たとえば、円安が進み過ぎたとき、保有している外貨で円を買えば、円高に誘導できる。逆に円高が進み過ぎたときには、円を売って外貨を買う。これにより外貨保有高は増えることになる。

 では外貨準備高はどのような形で保有しているのか。現預金や債券で保有するのが一般的だが、最も多いのは米国債。多くの国が米国債を買って、財政赤字の米国を支える形になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    「桜を見る会」名簿 内閣府主張の“1年未満保存”に重大疑義

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    五輪開催20年度の改革は下村元文科相「公言」で既定路線化

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る