中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

中国有識者が指摘「米中貿易戦争は2035年まで続く」の真意

公開日: 更新日:

「令和」の幕開けをお祝いしたいが、内閣府は5月13日発表の3月の景気動向指数(一致指数)の基調判断を景気後退の可能性が高い「悪化」に引き下げた。この表現は2013年1月以来、6年2カ月ぶり。5月24日の内閣府の月例経済報告での基調判断も、輸出が落ち込んだとして4月から下方修正された。その要因は米中貿易戦争にある。

 米国は、中国に対して輸入関税の引き上げやファーウェイ製品の使用禁止など、ある意味「経済封鎖」で中国に打撃を与え、経済力を、引いては軍事力を抑え込もうとしているようだ。次世代産業革命といわれるIoT、その中核は5G(次世代通信網)。この市場を世界最大手ファーウェイに取られれば、自動運転、ロボット、さらに兵器などあらゆる製品の根幹を中国に握られることになる。中国製通信機器の世界標準化、これを阻止することが米国に急務の問題なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  4. 4

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る