植松三十里さん<3>日本人向けフリーペーパーを制作し発行

公開日: 更新日:

 婦人画報社を25歳で円満退社して、結婚した。

「アメリカの大学に就職するので、一緒に来る?って言われたんですよね。寿退社で渡米するのは、ちょっとカッコいいなと思って。私ってミーハーなんですよ」

 移り住んだのは米東海岸だったが……。

「アメリカに行ったはいいけど田舎で、周りは雑木林。夜にお皿洗っているときは、家の周りは真っ暗でした。すぐに六本木のネオンが恋しくなっちゃった。完全に専業主婦になったら、ヒマでヒマで。それで短編小説を書いたんです。集英社『小説ジュニア』の新人賞に応募したら佳作をもらいましたよ。このときに頑張って書き続けていれば、今とは違う形でデビューできたかもしれませんね」

 その後、2人の子供ができて育児生活を送ったが、社会とつながりたかったせいか、しばらくすると「相変わらずヒマだなあ」と思い始める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る