多摩動物公園で飼育員死亡「おとなしい」サイに何が起きた

公開日: 更新日:

 サイに襲われて飼育員が死亡か――。多摩動物公園(東京・日野市)の事故にビックリした人もいるだろう。

 25日午前10時50分ごろ、同園のインドサイのおり付近で飼育員の浅見準一さん(54)が倒れているのが発見され、病院に搬送されたが、まもなく死亡。浅見さんは左脇腹や背中などに複数の傷があった。

「近くにサイ用の皮膚病の塗り薬があったため、治療しているときに襲われたのではないかとみられています。診断した医師は『(浅見さんが)大量に出血した』といった発言もしています」(捜査事情通)

 同園によると、おりで飼育されていたサイはオス2頭、メス1頭の計3頭で、いずれも推定20歳前後という。

「(浅見さんは)飼育歴20年以上のベテラン。2年前からサイを担当し、いつも1人で世話をしていました。現時点ではサイが原因なのか、どの個体が関係しているのかも分かりません。サイは皮膚が強くないので皮膚炎だった可能性もあります。暑さが続くと人間同様に、動物もしんどくなるとは考えられますが」(広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  7. 7

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る