河合敦さん<2>赴任先の養護学校で教育観が百八十度変化

公開日: 更新日:

 日本史の先生になって教壇に立ちたい――。河合さんは、東京都の教員試験に合格し、夢をかなえたかにみえた。が、着任先は養護学校だった。

「新任教員の間で、“最初は島しょ部や定時制などにいかされる”と、そんな噂はあった。ボクもある程度覚悟はしていましたが、養護学校になるとは。

 銀行の業務や、デパートの販売業務は学生でもおよそ想像がつきます。ですが、養護学校の先生の仕事は全く知らなかった。自閉症、ダウン症、筋ジストロフィー……。こうした子供たちがいると聞かされても、最初は“それって何だろう?”と。それくらい知識がなかったんです」

 にもかかわらず、いきなり担任を任される。チームティーチングと呼ばれる、3人の先生が10人の生徒を受け持つスタイルだ。

「食事のとき、なかなかのみ込めなくて介助が必要な子、てんかんで急に倒れちゃうためヘッドギアをつけてる子もいた。高校1年生ですが、IQは最高で小学1年生くらい。常に目を配っておかないと何が起こるか分からない。衝撃を受けました。予定していた授業が中止になると、突然殴りかかってくる子もいた。予定が狂うと我慢できなくなる。自閉症の中にそういう障害があるんです。それも知らなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る