河合雅司さん<4>5人の北朝鮮政府関係者にマークされて…

公開日: 更新日:

 この時は蓮池薫さんたち5人の拉致被害者が一時帰国した。

「ここで帰したら二度と戻れないと思いましたから、この時は小泉さんに直接ではありませんが、飯島さんに『そもそも拉致されたのだから、帰すのは間違っている』と考えを伝えました。もちろん、約束を反故にすれば北朝鮮に残した子供たちの安全への懸念はありましたが……」

 結果的に5人は日本にとどまった。

 2回目の訪朝は04年5月22日。同じく小泉首相と金正日総書記の会談後に、拉致被害者家族も帰国している。

「チャーター機を用意し雑誌記者も含めた記者団で取材に向かいました。平壌空港には日本語ができる北朝鮮政府の人たちが動員されていて、記者5人につき、日本語を話せる現地スタッフが1人付いてアテンドをしました。しかし、なぜか私だけ違ったのです。空港で『河合先生ですか?』と声をかけられて、『はい』と答えると『こちらにどうぞ。車を用意しています』と言われたんです。さすがにどこに連れて行かれるかわからないから、『日本の外務省の課長と動くように政府に指示されている』と言って、断りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る