亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

公開日: 更新日:

 父親のように慕っていた男性を4年前に亡くし、男性が昔使っていた携帯電話の番号に毎日のように身辺報告のメッセージを送っていたが……ある日、メッセージに返信が! その真相に多くの人々が涙している。

 米紙ニューヨークポスト(10月28日付電子版)などによると、アーカンソー州ニューポートに住む女性、チャスティティ・パターソンさん(23=写真)は、「パパ」と呼んで慕っていたジェーソン・リグノンさんを4年前の2015年10月に亡くした。

 ジェーソンさんは実の父親ではなかったが、チャスティティさんの学校のイベントなどにもすべて参加し、その成長を見守ってきた男性だ。

 チャスティティさんにとって「一緒に涙を流し、すべてを話していた人」で、「時間をかけて私を愛してくれ、幸せが何かを教えてくれた」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る