亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

公開日: 更新日:

 父親のように慕っていた男性を4年前に亡くし、男性が昔使っていた携帯電話の番号に毎日のように身辺報告のメッセージを送っていたが……ある日、メッセージに返信が! その真相に多くの人々が涙している。

 米紙ニューヨークポスト(10月28日付電子版)などによると、アーカンソー州ニューポートに住む女性、チャスティティ・パターソンさん(23=写真)は、「パパ」と呼んで慕っていたジェーソン・リグノンさんを4年前の2015年10月に亡くした。

 ジェーソンさんは実の父親ではなかったが、チャスティティさんの学校のイベントなどにもすべて参加し、その成長を見守ってきた男性だ。

 チャスティティさんにとって「一緒に涙を流し、すべてを話していた人」で、「時間をかけて私を愛してくれ、幸せが何かを教えてくれた」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  9. 9

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る