織田信成は1100万円請求 被害者が裁判で勝つ証拠の残し方

公開日: 更新日:

 関西大学アイススケート部を巡るゴタゴタは、どう転ぶのか。9月9日に監督を辞任した織田信成氏(32)は今月18日、同部の濱田美栄コーチ(60)から受けたモラハラで体調を崩したとして、1100万円の損害賠償を求めて同コーチを提訴しているが、同じようなモラハラはどこでも起こりうるだろう。

  ◇  ◇  ◇

 織田氏の主張によると、濱田コーチからの嫌がらせは、監督に就任した2017年4月以前から始まり、陰口や無視のほか、睨みつけられたりしたそうだ。

 そんなモラハラによって体調を悪化させ、今年3月下旬から1週間ほど入院。退院後も「理由なき敵意」は続き、5月末を最後にリンクに出向くことができなくなり、監督辞任を決意せざるを得なくなったという。

 職場の上下関係を利用して、上位の者が下位の者に精神的、身体的な苦痛を与えることをパワハラと呼ぶ。そのひとつがモラハラだ。今回、立場は監督の方がコーチより上だが、圧倒的な年齢差と指導者としてのキャリアの違いからパワーバランスは濱田コーチが上だった、というのが織田氏の主張のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る