織田信成が告発したモラハラの根底にスケート界の派閥争い

公開日: 更新日:

 令和版・桶狭間の戦いか。

 先月29日、バンクーバー五輪フィギュアスケート男子代表の織田信成(32)が関西大学への不信感をあらわにした。

 先月9日付で辞任した同大アイススケート部の監督人事についてブログで“告発文”を掲載。「辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったから」と記した。

 これに対し、30日に関大が文書を発表。「4月以降、織田信成さんに関係して、指導方法をめぐって同部内で意見の相違があった」としたうえで、「7月1日に学長に対して所属事務所、弁護士が同席のもと、指導方法に関する強い要望がありました」と説明。その要望を受け入れられなかったとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る