曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

おもしろ料理 咲蔵(三田)近辺の名素材にひと手間加えて…

公開日: 更新日:

 JR三田駅からすぐの所にある「咲蔵」は、おもしろ料理とうたった店。店先に“蒸”の文字が見えるように蒸籠(せいろ)蒸しを売りにしている。厨房には蒸籠がうず高く積まれ、加えて炭火焼きがあってと、酒の肴になるようなメニューがあふれている。

 店長の中谷さんに聞くと、やはり丹波地鶏と野菜三種(並950円、大1880円)などの蒸し料理がオススメだそう。中でも、三田ポークと野菜三種(並830円、大1580円)は、三田の母子(もうし)地区で飼育している豚を使っており、地の野菜とともに蒸籠で蒸し上げて提供してくれる。三田ポークに関しては、その豚肉100%で作った蒸しシューマイ(5個700円)もあって、こちらも名物になっているそうだ。

「三田ポークは、肉質が軟らかく、脂の比率が高いわりに胸焼けしない特性があります。脂も甘めでさっぱりしているんですよ」と中谷店長。

「咲蔵」ではこのように三田ポーク、丹波地鶏、三田和牛と、できるだけ近辺の名素材を活用し、素材感を出すだけではなく、ひと手間加えることで“おもしろ料理”として売っていきたいようだ。

 タン元を使い、低温調理を施して柔らかみ出し、さらに炙って提供する厚切り牛タンステーキや、自店でミンチを詰めて作っている自家製ソーセージ、ブランド鴨を焼く河内鴨の塩焼きと肉類が充実しているのが特徴だが、面白いのは、新鮮かぶらのアンチョビソースのように野菜を用いたメニュー。かぶらは生で食べる印象は薄いが、ここでは生の持つ甘味を味わってもらおうと、いいかぶらを使って生でメニュー化している。上にのせたアンチョビソースがよく合い、手づかみで食べるといい。


(住)三田市駅前町8―11
(℡079・555・6008)
(営)18時~翌2時。日曜定休日。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る