曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

うまい麺には福来たる(天神橋)スープ楽しむ新作ラーメン

公開日: 更新日:

 鯛だしラーメンで名を馳せる「うまい麺には福来たる」だが、大阪市内に3店舗あるうちで、メニューなど個性を変えて営業しているのが「天五店」だろう。

 この店は、今秋メニューを一新し、より魚介系スープの個性が出たものを提供している。そのうちの一つが、芳醇中華そば(980円)なるもの。このラーメンは麺とスープが入った鉢と具材をのせた皿で構成されている。鉢に入っているのは、いわば素ラーメン。ごくシンプルに提供する理由は、スープにこだわりを持っているからだそう。

 メニュー開発担当の藤原享さんは「まずスープのうまさを堪能してもらいたくて、こんな提供方法にしました」と話している。味のベースは6~8時間煮込んだ鶏ガラスープ。徳島県のブランド鶏・阿波尾鶏のスープに鹿児島県枕崎産の本枯れ節(鰹節)を加えて作っている。

「ラーメンといえど和食の技法を用いています。提供前に追い鰹をすることで、風味が飛ばぬように気をつけています」と藤原さん。スープを飲むと、コクの深さと芳醇な香りが見事に調和したかのよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る