曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

うまい麺には福来たる(天神橋)スープ楽しむ新作ラーメン

公開日: 更新日:

 鯛だしラーメンで名を馳せる「うまい麺には福来たる」だが、大阪市内に3店舗あるうちで、メニューなど個性を変えて営業しているのが「天五店」だろう。

 この店は、今秋メニューを一新し、より魚介系スープの個性が出たものを提供している。そのうちの一つが、芳醇中華そば(980円)なるもの。このラーメンは麺とスープが入った鉢と具材をのせた皿で構成されている。鉢に入っているのは、いわば素ラーメン。ごくシンプルに提供する理由は、スープにこだわりを持っているからだそう。

 メニュー開発担当の藤原享さんは「まずスープのうまさを堪能してもらいたくて、こんな提供方法にしました」と話している。味のベースは6~8時間煮込んだ鶏ガラスープ。徳島県のブランド鶏・阿波尾鶏のスープに鹿児島県枕崎産の本枯れ節(鰹節)を加えて作っている。

「ラーメンといえど和食の技法を用いています。提供前に追い鰹をすることで、風味が飛ばぬように気をつけています」と藤原さん。スープを飲むと、コクの深さと芳醇な香りが見事に調和したかのよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  3. 3

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る