不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

公開日: 更新日:

 マスクの品薄状態はいつまで続くのか……。

 都内在住の50代女性は「もう残り5枚しかマスクがありません。ヨレヨレになっても大切に使い回していますけど、これで本当にマスクの効果があるのか」と嘆く。

 新型コロナウイルスに加えて花粉の季節。不織布マスクが入手困難な状態で、できる対策はあるのか?

「中性洗剤を使ってマスクを優しく手で洗い、太陽の下でよく干してから使い回してください」

 そう話すのは、日本衛生材料工業連合会専務理事の高橋紳哉氏。

 マスクの目的は「飛沫感染」と「接触感染」予防だ。もし自身が感染したときは、ウイルスをまき散らすのを防ぐ効果もある。

 ところが、マスクは使用時間が長くなるにつれ、マスクのあちこちにウイルスが付着。それを使い回していれば、接触感染予防どころか“推進”になりかねない。本来は一日に何度も取り換えるのがマスクの正しい使い方だが、今はそれができる状況ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

もっと見る