石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

医療×ITにチャンス 隙間時間にデジタルヘルスで予防と治療

公開日: 更新日:

 スマホの普及、IT技術やセンサーの発達により、人間のあらゆる生体データが収集できるようになってきた。IT機器を使った予防、診断、行動変容の領域はデジタルメディスン、デジタルヘルスなどと呼ばれている。これからの時代の新しいマーケットだ。

 今回はこの領域をテーマに活動している五十嵐健祐さん(34歳)を取材した。五十嵐さんは、2012年に慶応義塾大学医学部を卒業後、いくつかの病院で救急、循環器内科などに従事。現在は東京都千代田区に「お茶の水循環器内科」を開業し院長を務める。五十嵐さんは御茶ノ水にある「デジタルハリウッド大学」の校医を務めていたところ、在学生だった医師、看護師らとデジタルヘルスの領域で意気投合し、そのままデジタルハリウッド大学院の教員となった。

「現在、日本人の死因の第1位はがんですが、2位・3位は心疾患と脳血管疾患で、循環器内科の対象です。これらの病気の予防と治療には、高血圧症、心房細動、脂質異常症、糖尿病、喫煙、飲酒、食事習慣、運動習慣などが大きく関係します。これらを患者さんと協力してマネジメントしていくことが私のライフワークです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る