石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

音楽好きが高じて野外フェス主催 本業にも思わぬ相乗効果

公開日: 更新日:

 フジロックフェスティバルの成功をきっかけに、日本に根付いた感がある野外ロックフェス。兵庫県丹波市で、音楽フェスを主催して本業と良い循環を生み出している人がいる。

 今回取材したのは丹波市在住のフリーランスデザイナーの吉竹惠里さん(33)と、事業コンサルタントの西脇和樹さん(34)だ。2人は一度は丹波を離れ、大阪を中心に仕事をしていたが、20代後半でUターンした。2人は音楽が大好きで社会人の頃、別々のバンドで活躍していた。

「たまたま2人のやっていたバンドの方向性が似ていて、好きなジャンルの音楽もかぶっていたんですよ。モグワイ、バトルス、レディオヘッドなどいわゆるポストロックと呼ばれる90年代ごろから活躍し始めているアーティストの話で最初は盛り上がりました。僕らの『スパイスだもの。』に呼んでいるアーティストたちも奇妙礼太郎さん、bonobosさん、birdさんなど個性的な人たちばかりです」(西脇さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る