「雑草」じゃない! 英仏で路上に植物名書く運動が拡大中

公開日: 更新日:

 最近、フランスや英国で道路脇に生える植物の近くにチョークで名前を書く運動が盛り上がっているそうだ。

 米ニュースサイトGNN(5月10日付)などによると、この運動を始めたのは、仏南部のトゥールーズ自然史博物館で働く植物学者のボリス・プレセクさん。

 人びとにもっと植物の多様性と豊かさを知ってもらおうと、トゥールーズ市内を歩き回り、道路脇の植物の近くにチョークで名前を書き始めた。そしてその様子を撮影し、ブログに掲載したところ、大反響を呼んだ。

 この動きは英国に飛び火。「雑草」などという草はなく、どんな植物にも名前があるという意味を込めて「More Than Weeds(雑草以上)」運動と呼ばれている。

 写真は「More Than Weeds」のツイッターに寄せられた投稿だ。左上から時計回りにツタバウンラン、ペラペラヨメナ、ヒメフウロ、オドリコソウ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る