埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

公開日: 更新日:

 安倍前首相の後継として菅義偉・前官房長官が自民党総裁に選出され、16日に召集された臨時国会で第99代首相に就いた。菅首相が就任会見で訴えたのが「私が目指す社会像は自助、共助、公助、そして絆だ」というスローガンだ。この言葉が広く知られるきっかけとなったのは、95年の阪神・淡路大震災だったといわれる。災害時にはまず、自分で行動し、そのための備えを怠らないこと(自助)、そして地域などで助け合い(共助)、それを行政機関が支援する(公助)――と解されてきたのだが、これは国家の在り方として果たして望ましい方向なのか。埼玉大学大学院の高端正幸准教授に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 ――菅首相は総裁選中から「まず自分で出来ることはまず自分でやる。自分で出来なくなったら、家族とか地域で支えてもらう。それでもダメであれば必ず国が責任を持って守ってくれる。そうした信頼のある国づくりというものを行なっていきたい」と繰り返し訴えていましたが、どのように感じましたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る