埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

公開日: 更新日:

 安倍前首相の後継として菅義偉・前官房長官が自民党総裁に選出され、16日に召集された臨時国会で第99代首相に就いた。菅首相が就任会見で訴えたのが「私が目指す社会像は自助、共助、公助、そして絆だ」というスローガンだ。この言葉が広く知られるきっかけとなったのは、95年の阪神・淡路大震災だったといわれる。災害時にはまず、自分で行動し、そのための備えを怠らないこと(自助)、そして地域などで助け合い(共助)、それを行政機関が支援する(公助)――と解されてきたのだが、これは国家の在り方として果たして望ましい方向なのか。埼玉大学大学院の高端正幸准教授に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 ――菅首相は総裁選中から「まず自分で出来ることはまず自分でやる。自分で出来なくなったら、家族とか地域で支えてもらう。それでもダメであれば必ず国が責任を持って守ってくれる。そうした信頼のある国づくりというものを行なっていきたい」と繰り返し訴えていましたが、どのように感じましたか。

 個人や家族でまず何とかしろ、それが無理なら近隣や助け合いで何とかしろ、それでダメなら初めて公助だ――という言説は、自民党の伝統的な考え方、姿勢として聞き飽きるほど叫ばれてきました。それを改めて正面に据えて国家像を語るというのは、何とも工夫のないスローガンだと。日本の将来を見据えたビジョン性が全く感じられなかった、というのが率直な感想です。実際の社会が、人間が人間らしく生きていくための条件という意味で、一体どうなっているのかということに対する洞察力こそが、一国のリーダーには不可欠ですが、残念ながらそれが伝わってきませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由