中曽根元首相の合同葬「なぜ神嘗祭に」神社関係者から異論

公開日: 更新日:

 17日行われる中曽根康弘元首相の内閣・自民党の合同葬儀。

 菅政権が、国立大学や自治体に対して「弔旗の掲揚」と「黙祷」を求めたために「思想統制だ」と批判が噴出しているが、神社関係者や右翼関係者からも「なぜ、この日にやるのか」と不満の声があがっているという。10月17日は、皇室や神社関係者にとって大切な「神嘗祭」が行われる日だからだ。

 ウィキペディアによると「神嘗祭」は宮中祭祀のひとつ。宮中および神宮(伊勢神宮)で祭祀が行われる。その年に収穫された新穀(初穂)を天照大神に奉げる感謝祭。神宮では神嘗祭が最も重要な祭祀だという。

 それだけに、どうして特別な日にわざわざ葬儀を行うのか、と疑問の声が出ているという。「神社新報」の元取締役、前田孝和氏はこう言う。

「神嘗祭は皇室にもつながる大切なお祭りです。神社関係者にとって特別な日。祈りと感謝という日本人を象徴するお祭りの日とも言えます。中曽根元首相に弔意を表すのはいいことだと思います。でも、1年365日あるのに、どうしてこの日なのでしょうか。葬儀の日程をずらすことはできなかったのでしょうか。しかも、日本中に弔旗を掲げてもらうのでしょう。心ある神社関係者は戸惑っていると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

  10. 10

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

もっと見る