石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

副業は“温泉オタク”「ひとり温泉」の楽しさを伝え続けて

公開日: 更新日:

「誰かと一緒に温泉旅行へ行くと、その人が楽しんでいるのか、何を話そうかなとコミュニケーションにエネルギーを使ってしまう。もちろんそれが心地よい時もありますが、一人で過ごすっていうのは、ぜいたくだなと思うんです。『おいしいな、温かいな、気持ちいいな、美しいな、眠いな』などの根本的な気持ちを誰にも邪魔されません」

 永井さんは、そんな素直に受け取った感覚をメモにとってツイッターに投稿している。ツイッターの読者のためでもあるが、自分自身でメモを見返すとまた感覚が蘇って楽しいという。まずは自分が楽しいということがとても大切だ。

 永井さんのブログには「好き」を仕事にすることについても触れられている。好きと仕事の関係について聞いた。

「そもそも確固たる『好き』を持っている人はそれほど多くないと思います。好きなものへの気持ちや知識などを誰かと比較したら『私なんて……』と引っ込めてしまう人もいる。だから今やっている仕事の中で好きになるポイントを探していくことも大切だと思います。私は学生時代に温泉メディアでライターのアルバイトをしたり、旅行情報誌の編集部に所属したりして好きだった温泉との関係が今に続いています。ちょっとでも好きだと感じられることを仕事の中で見つけたり、好きの目がある仕事をすれば、共感する人が増え、自分と事業の価値も上がり、好循環が生まれます。そうすれば、好きがもっと深まると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る