「サカナバル」も展開 「アイロム」社長・森山佳和さんの巻<1>

公開日: 更新日:

jiubar(東京・神楽坂)

 飯田橋駅から神楽坂通りを善國寺方面に上がって2分ほど。右手のビルの3階にあるのが、こちらです。看板は一切なく、ビルの入り口のフロア表示に店名が書かれているだけで、目印がなく、いつも「どこだっけ?」と迷ってしまいます。そのひっそり感がいいんですよ。

 エレベーターもなく、階段で3階へ。重い扉を開けて中に入ると、目に飛び込んでくるのは、カウンター越しのボトルの数々。中華料理店には珍しいウイスキーやハードリカーなどのボトルが並んでいます。バックバーの充実ぶりは、まるでバーのようで、一瞬、中華料理店であることを忘れますよ。

 カウンター中心の19席は、店内の雰囲気もバーのようですから、ワイワイガヤガヤの大皿中華ではありません。2人でシェアしてちょうどいい、小皿中華です。今でこそ定番となりつつある小皿の傾向は、ここが先駆けといっていい。

 だれもが頼む肉団子(680円)は一皿4つ。外側はカリッと、中心は肉感たっぷり。その一つ一つを包むソースは甘いようで辛く、酸味もあります。中国・四川の魚香という調味料に青山椒のマッチングです。

オリジナリティー溢れる料理は一皿1000円前後

 ベーコンと香味野菜のサラダ(980円)は、刻んだパクチーなどがたっぷりでベーコンが見えません。見せ方にも楽しさがあって、初めて訪れた人はメニュー名とは一線を画す盛り付けと味に驚くこと間違いありません。

 春巻き(880円)の餡としてアスパラガスはあるかもしれませんが、ゴルゴンゾーラチーズを合わせる店はここくらいでしょう。シチューのように軟らかく仕上げたタン(1080円)を囲むのは、何と紫キャベツとトマト山椒でした。フレンチのような盛り付けが目に美しい。

 どの皿をとっても、ほかの店と同じような内容のものはひとつもありません。このオリジナリティーが面白いのです。それが一皿1000円前後。コスパも抜群です。

 で、肉団子と並んで皆さん召し上がるのが、酢豚(1280円)です。最近は黒酢の酢豚が流行でしょう。そのイメージでいうと、肉団子の方が見た目はその仕上がりに近いかもしれません。酢豚は、何とソースが透き通っているのです。

 サツマイモがほどよい甘味を加え、上品なコクのある餡がカリッとした豚を包んでいます。喉をスッと抜ける爽やかさ。この喉越しのよさが、後をひくのです。

料理もお酒もとにかく発想が自由

 モヒートは一般にラムで仕上げます。こちらのパクチーモヒート(780円)は、白ワインがベース。ジャスミン茶ワー(680円)は、ウオッカをジャスミン茶で割っています。肉団子の味のアクセントになる青山椒はジンにまぶしてジンソーダ(730円)に。

 ドリンクも一つ一つがしっかりとまとまっていて、決してにぎやかしの変化球ではありません。どれもまっとうな一杯になっています。

 料理もお酒も、とにかく発想が自由。お酒についてはバーとしての実力が感じられます。

 一部のメニューは、テークアウトも可能ですから、覚えておいて損はありません。

(取材協力・キイストン)

■jiubar
東京都新宿区神楽坂2―12 神楽坂ビル3階
℡03・6265・0846

■アイロム
恵比寿、六本木、川崎で地元に親しまれる「サカナバル」を営業するほか、渋谷にダイニングバー「BEE8」も展開。コロナ対策で缶詰事業にも着手している。

▽森山佳和(もりやま・よしかず)1977年6月24日、横浜市生まれ。デザイン専門学校を卒業後、転職を経て飲食業界へ。エリアマネジャーとして経営ノウハウを蓄積して独立。魚に特化した洋食業態を開発し、店名でもある「サカナバル」は商標を取得している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

  2. 2
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  3. 3
    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

  4. 4
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  5. 5
    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

もっと見る

  1. 6
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  2. 7
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  3. 8
    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

  4. 9
    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

  5. 10
    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ

    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ