世話になった寮母さんを救おう!元寮生の支援に全米が注目

公開日: 更新日:

 かつて学生寮の“寮母”をしていた女性。74歳になるが、住宅ローンが残っていて今の仕事を辞められない。大学時代に彼女の世話になった元寮生たちがそのことを知り、寄付を集めて誕生日にローン残高を超える額をプレゼント! そんな“サプライズ”が米国で話題になっている。

 注目を集めている女性は、米ルイジアナ州立大学(LSU)にある米学生団体「ファイ・ガンマ・デルタ」の寮で学生たちの食事の世話をしていたジェシー・ハミルトンさん(写真のイスに座っている女性)。

 1982年から1996年までの14年間、学生寮で働いた。午前4時から寮で朝食の支度を始め、寮生たちに3食の世話をした。またジェシーさんに車で買い物や病院に連れて行ってもらった学生もたくさんいた。

 一方、プレゼントの発案をしたのは元寮生のアンドリュー・フサイオッティさん。1987年から1989年の間、LSUで学んだ。卒業後も時々、ジェシーさんと連絡を取っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る