五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、09年NHK放送文化賞、10年毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載11119回 文壇ゴルフの思い出 <1>

公開日: 更新日:

 現金なものだ。松山英樹選手がマスターズで優勝したとたんに、若い人たちの間でゴルフがブームの観を呈しているという。
 テレビ番組でも、いち早くその話題をとりあげていた。
 若いOLや女子学生たちが、街のゴルフ練習場や初心者向けのゴルフ教室に押しかけてい…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    大阪・松井市長は緊急事態宣言解除後に「ジム通い」を再開

  4. 4

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

  5. 5

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  6. 6

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  7. 7

    たいめいけん茂出木浩司シェフ 新店舗のキッチンは私の夢

  8. 8

    結婚がしたい…コロナ後遺症で障害者になった50代男性の苦悩

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

もっと見る