五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、09年NHK放送文化賞、10年毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載11118回 コロナ下のマスターズ <5>

公開日: 更新日:

(昨日のつづき)
 以前、このコラムで、
「家貧しゅうして孝子いず」
 という格言を使ったが、あらためてそのことを痛感する今日この頃である。
 今朝の日経新聞に目を通していたら、こんな文章が目についた。要約すると、「1968…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  2. 2

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  3. 3

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  4. 4

    福井「子ども感染増」示す衝撃データ なのに政治は無関心

  5. 5

    菅首相はどれほどの国民が命落とせば五輪中止を考えるのか

  6. 6

    皇族の人権と制約 天皇制を支える公人としての特権と義務

  7. 7

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  8. 8

    ワクチン国内開発の遅れをワクチン訴訟のせいにするな

  9. 9

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  10. 10

    鷲見玲奈に熱愛報道 “スキャンダルで焼け太り”の魔性体質

もっと見る