石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校Webグラフィックデザイン/ユーザーエクスペリエンス(UX)講師。株式会社eumoでUIUX/PRを担当。新宿・ゴールデン街の入り口付近の店でバーテンダーもしている。

TVのカラオケバトルを攻略し…好きな音楽を副業から本業に

公開日: 更新日:

柳光絵さん(35歳)元の本業=派遣社員

 本日紹介したいのは、好きな音楽の仕事を副業から本業にかえた柳光絵さん。柳さんはボーカリストやトレーナーとして、多くのTV番組にも出演している。まずはキャリアから聞いた。

「もともと歌や芸能の仕事に興味があり、中学生時代からフリーでモデルの仕事やライブ活動をしていました。高校卒業後、大手レコード会社の新人開発部に所属。モデルを続けながら、100曲ほどのオリジナル曲を作りメジャーデビューを目指しましたが、生活できるほどの収入にはつながらず、20歳の時に大手派遣会社に登録し、派遣社員が本業になりました」

 柳さんは20歳から30歳まで派遣社員をしながら、音楽を副業にした。

「音楽の副業はさまざまでしたが、J-POP、アイドル、演歌、洋楽、アニメなど、曲のジャンル問わず、作曲家さんのコンペ曲の仮歌を主に行っていました。またボーカルとしては関西ペイントさん、かんぽ生命さんなどのCM曲を担当したり、声優の方がリリースしているアルバム曲やアニメのエンディングテーマの作詞を担当しています。収入としては、コーラスや仮歌は1曲で0.5万~2万円ほど。ボーカルは買い取りで3万~15万円。作詞は印税で発売当初は数万円入って、あとは毎年数千円ずつですね。そして、自分自身のライブ活動もやっていました」

 派遣社員と音楽活動のダブルインカム時代は、同世代の一般サラリーマンほどの収入であったそうだが、2015年に転機が訪れる。

「歌手の林部智史さんのイベントのお手伝いをした時に、打ち上げのカラオケでMISIAさんの『逢いたくていま』を歌って、その様子を他のスタッフの方がYouTubeにアップしてくださったんです。その映像が少しバズって、堺正章さん司会の『THEカラオケ★バトル』の番組出演のオファーが来たんです」

ボイストレーナーの道へ

 柳さんは、15、16年と連続して同番組に出演。TVの効果は大きく、柳さんのブログは1日100アクセス程度だったのが約50倍の5000アクセス近くに。そしていままでは意識していなかったカラオケ採点についても攻略し、コンスタントに100点を出せるようになる。

「TVの反響は大きく“カラオケで高得点を出せるコツ”をよく聞かれるようになりました。そして尊敬する先輩の林部智史さんにも『音楽をやりたいならボイストレーナーの道を歩んでみてはどうか』と後押しされ悩んだ末に、約120人のライブハウスをsoldoutできたら独立しようと決意し『覚悟』というソロライブを企画し、死に物狂いで達成することができました。トレーナーとして、歌手や芸能人の方、一般の方を含めてさまざまな方を教える機会に恵まれ、“先生に出会えて100点が取れるようになった”“歌うことがもっと楽しくなった”“テレビ出演の機会をつかんだ”と言ってもらえることが増え、とても幸せです。今までの音楽系副業も続けています。トレーナーとの相乗効果もあります」

 柳さんの発声指導は60分1万円。人気が高くなかなか新規でレッスンを受けるのが難しいようだ。本業だけでも派遣OLの頃よりボイストレーナーの収入の方が高くなった。最近ではインターネット上でライブをする投げ銭アプリでカラオケを歌うコンテンツも人気が出ている。柳さんはKARASTAというアプリの立ち上げメンバーでもある。日本のカラオケ人口は景気後退や娯楽の多様化を経て、現在は約3000万人ほどを推移している。柳さんは根強いカラオケ文化と出合ったことで仕事が広がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す