石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

業界へのアンチテーゼを込めて、あえて“実名”で占い師に

公開日: 更新日:

 今回紹介したいのは、実名で占い師をしている林知佳さんだ。

 仮名や芸名で占いをする人が多い中、実名には理由があった。

 まずは占いとの出合いから聞いた。

「家がけっこう厳しく、大学に行って堅めの仕事についてほしいという親の願望があり、かなり従順に育ちました。社会人になっても、付き合っている彼氏がロングヘアが好きならその通りにする子でした。大学卒業して少し経った頃、初めて結婚を意識した彼氏ができて、初めての私の誕生日を2人で迎える日に、なんとドタキャンされたんです。そんなこと1ミリも思っていなかったので、ショックでパニックになりました。いま考えると若いなと自分で反省しますが、LINEでかなりしつこくしてしまったかなと。そこから2カ月、一度も会えずにLINEだけのやりとりを経て、向こうから別れ話を切り出されました」

 林さんはなんとか状況を変えようと「彼氏、復縁」などでネット検索を始めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る