週休3日制になると生産性は上がるのか?導入企業に聞いた

公開日: 更新日:

 フランス、イギリス、オランダなどの欧州を中心に進む「週休3日制(週4日勤務)」。ニュージーランドのアーダーン首相(40)も「観光業が潤う」と推進に積極的だし、フィンランドのマリン首相(35)は非公式ながら「1日6時間労働制」にまで言及している。週に4日働き、3日休む――生活は一体どんなものなのか。

 ◇  ◇  ◇

 日本に週休2日制が浸透したのはバブル景気のころ。土曜日に午前の半日だけ働く“半ドン”という言葉も今や死語だが、「週休3日制」を導入する企業は少しずつ増えてきている。

「みずほフィナンシャルグループ」が傘下の銀行、証券、信託銀行などの社員約4万5000人を対象に、希望に応じて週休3~4日を認める制度を始めた。ただ、その分の給与は減り、週休3日は従来の8割、週休4日なら6割。みずほFGの取り組みは人件費削減が理由のひとつとされるが、一方で「リクルート」は今年度から社員約1万6000人の給与は減らさずに年間休日130日(有休は含まず)を145日にした。代わりに1日の労働時間を7.5時間から30分増やし、8時間にしている。

 1日当たりの労働時間を増やして休みを増やすやり方は「ユニクロ」も同じ。通常は1日8時間勤務のところ、1日10時間勤務を4日間行う。労働基準法(第32条)で労働時間は1週間に40時間(1日8時間)と決まっており、これを超える場合は残業代を支払わなければならないが、変形労働時間制を取れば例外が認められる。つまり、月平均で週40時間を超えない限り、“休み方”は自由なのだ。

 働く者にとっては興味津々の週休3日制。BIGLOBEが「週休3日制」についてアンケートを実施したところ、約8割が賛成している。追加の休日として半数の人が望んだのは「水曜日」だった。連続した3日ではなく、中間の日というのがおもしろい。

■「明日が休みともなればモチベーションは確実に上がる」

 では、実際に水曜日を休みにしている会社の社員は、どんな日常が待っているのか?水曜日を含む週休3日制を導入している「600株式会社」(本社・東京都千代田区)の久保渓社長(35)に話を聞いてみた――。

 同社はオフィス向け無人コンビニ「600(ろっぴゃく=600種の品揃えの意味)」を置く会社で、新型コロナ禍で外出したくないニーズを踏まえて4月からはマンション向けも始めている。

「我が家では今、最も休日が少ないのは、月曜日から金曜日まで保育園に通う3歳の娘になります(笑い)。そもそも会社を週休3日制にしたのは、私の事情からでした。妻(美容師)が妊娠中にツワリがひどく、一時的に入院も経験しました。妻のケアのためにも育児や家事を分担しなくてはいけないと思い、それならば4日だけ最高のパフォーマンスで働き、あとの3日を家族のために使おうと思ったのです」

 長崎市出身の久保さんは、米国留学を経て現地サンフランシスコで起業。電子決済サービス「LINE Pay」の立ち上げにも参画している。

「当社では社員全員が土曜日と日曜日、そして水曜日を休みます。つまり毎日が休日明けか、休日前になる。これなら月曜日に出社しても、あと2日働けば休みだと気が楽になり、確実にモチベーションが高い状態で働けますね。社員も『週休3日制を守ろう』と言って、むしろ4日間だけの勤務日は必死にがんばっている感じです。自分たちの働きが5分の4に減って売り上げが落ちれば、週休3日どころではなくなってしまいますからね。週休3日制でも給与は変わらず、むしろ転職者の大部分は前職よりアップしていると思います。私も含めて休みが増えた分、趣味に打ち込んだり、育児に参加したり、仲間と遊んだり……。副業も認めていますので、スキルアップに副業をしている社員もいます。休みが多いことは決して無駄ではなく、むしろ、『社会のニーズに敏感』にならなくてはいけない我々のようなビジネスをする会社は、休みこそが重要。休みが増えることで労働生産性が下がるという指摘もありますが、私の実感としては週休3日にしたところで日本人の労働生産性は下がりません」

 小学生のころ、休みの前日はなぜか元気が出たものだ。そして日曜日に「サザエさん」を見ながら少し憂鬱にもなったもの。もし水曜日も休みなら、サザエさんの見方も変わってくるだろう。

ストレスが減り社員仲も良好

 実際に週休3日制で生産性が向上するという報告もある。日本マイクロソフトが2年前に週休3日制を試験的に導入したところ、労働生産性は40%上昇。オークランド大学研究者らのニュージーランドの金融サービス会社社員への調査では、週休3日制で社員の生産性は20%向上し、ストレスレベルも軽減したという。

 話は戻って、久保さん一家だ。1週間はだいたいどんなスケジュールになっているのか?

「月曜日から火曜日は9時から夕方6時まで仕事。基本的に残業はしません。水曜日は休み。妻の代わりに娘を保育園に送り届け、お昼の支度をしていればすぐに午後になり、今度は娘を迎えに行く時間。お風呂に入れて、夕ご飯を食べさせ……ところがそうそう計画通りにはいかず、食べ終わるまでに1時間もかかったりする。ですが、最近は早く寝てくれるので少し助かっています。木曜日と金曜日は2日間働き、土曜日と日曜日はまた休み。今のご時世では遠出はできませんが、先日は東池袋の公園『イケ・サンパーク』を家族で散歩してきました。娘がまだ小さいので、東京ドームシティアトラクションズの横にある幼児向け施設もよく行きますね」

 ストレスが少ないからか、社員同士の仲が良くなるという効果もあるのだという。

 中国では現在、一部の地域で「週休2.5日制」を実証実験中。2030年までには全省で「週休3日制」を導入する動きもある。法定労働時間を1日9時間(週36時間)にし、メリハリをつけた日常を過ごし、労働生産性も上げるという考え方だ。週休3日とは違うが、「あいおいニッセイ同和損保」の社員は週1回の出社でいい。

 何とも皮肉なことに、コロナによって多様な働き方が生まれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る