タンスに眠る中古カメラがお宝に? コロナ禍の終活で買い取りが活発

公開日: 更新日:

 コロナ禍での巣ごもりの時間を身辺整理に活用した人は少なくない。中でも、高齢者による終活や遺品整理が活発で、その一環として買い取りサービスを利用するケースが増えているという。

「以前から着物を中心に出張買い取りをしていますが、特にタンスに眠る隠れた資産の掘り起こしに取り組んできました。そんな中で買い取り強化しているアイテムがカメラです」(バイセルテクノロジーズ広報担当の三浦優佳さん)

 買い取りを強化する前の今年5月に比べて10月の買い取り量は約10倍ほどまで増えているという。

 高齢者が子育て世代だった頃は高価だったフィルムカメラでしか撮影できなかったが、今では写真も動画もスマホで手軽に撮影できる。デジタル時代にあえて、若い世代を中心にフィルムを愛用する人も少なくない。そんな中、比較的高値で買い取られているのが、高級コンパクトフィルムカメラだという。

人気はコンタックスのフィルムカメラ

「90年代に各メーカーがレンズ性能や外観の高級感にこだわって作ったカメラの価格が最近、急上昇しています。一例を挙げると、発売当時定価10万円前後だったコンタックスT3は、定価と同等かそれ以上の価格で取引されています」(三浦さん)

 希少性と世界的な愛用者の増加が値を上げているようだ。ほかにも、リコーの高級コンパクトフィルムカメラ「GR1」シリーズなども、高値で取引されているのをネット上で見かける。

 ただ、ロレックスなどの高級時計ほどの高騰ぶりではないというが、状態の良好なものが減っているため、今後さらなる値上がりの可能性もあるだろう。買い取りが頻繁に行われているのは、フィルムカメラだけではないとのこと。

「古くなったデジタルカメラの買い取りも行っています。壊れていても修理が可能だったり、使えないものでも部品としての活用ができるため、それなりに需要があります」(三浦さん)

 買い取りされたカメラの多くは、オークションで取引されるという。

 お宝カメラが使われずに自宅に眠っているケースは少なくないようだ。捨てる前に一度確認を!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”