山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

公開日: 更新日:

 何のための改造だったのか。10日の内閣改造で旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)や関連団体との関係を認めた7閣僚を交代。「癒着大臣は一掃」のはずが、改造初日に同数の閣僚7人が教団などとの接点を持っていたことが判明した。たった1日で「刷新」のもくろみが崩れた時点で、自民党の総汚染を物語る。中でも人間性が疑われるのは、留任が決まった途端、関係をカミングアウトした山際大志郎・経済再生担当相だ。

 ◇  ◇  ◇

 それぞれ濃淡があるとはいえ、関係を明かしたのは再入閣した高市経済安保相、加藤厚労相、初入閣の寺田総務相、西村環境相、岡田地方創生相、そして留任した林外相と山際経済再生担当相の7人である。

 とりわけ悪質なのは山際氏だ。内閣改造の前に現職閣僚が教団や関連団体との接点を認める中、閣議後会見など関わりを打ち明ける機会はいくらでもあったのに、ダンマリ。報道陣の質問に対しても“完黙”を貫いた。

 それが留任決定後に一変し、旧統一教会の関連団体への会費の支出と教団関連イベントへの参加を公表。しかも「私自身が直接、首相に説明はしていない」と語り、留任の内定前に岸田首相に説明していなかったことも明かした。自ら徹底して旧統一教会との関係を隠して留任したことを認め、開き直っているのだから、タチが悪い。

 会費の支払いは2013年。山際氏の資金管理団体が旧統一教会の友好団体「平和大使協議会」に会費1万円を支出し、政治資金収支報告書に記載していた。イベント出席は18年10月、横浜市内で平和大使協議会が主催した「アフリカビジョンセミナー」で来賓あいさつ。山際氏は明かさなかったが、旧統一教会の韓鶴子総裁を「マザームーン」とたたえた山本朋広衆院議員も一緒だったことが分かっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声