犬の口を結束バンドで縛って虐待したのは誰だ! 懸賞金7600ドルで米国の動物保護団体が犯人探し

公開日: 更新日:

 7月3日夜7時45分ごろ、米カリフォルニア州のマリブ・キャニオン・クリークでハイキングをしていたカップルが、1匹のジャーマン・シェパードがさまよっていることに気がついた。

 近づいて犬の様子をよく見た2人は、目を疑った。なんと犬の口が黒い結束バンドできつく縛られていた! また首にも別の結束バンドが巻きつけられていた。つまり、何者かが犬を水も食べ物も取れない状態にして、人里離れた山中に遺棄したのだ。

 自分たちが発見しなければ、犬は間違いなく渇きと飢えで苦しみ抜いて死んでいた……そう理解した2人は、すぐに犬の結束バンドを外して水と食べ物を与え、警察に通報した。

 駆けつけた警察官と動物管理局の職員によって犬は保護され、アグーラ動物保護センターが治療とケアをすることになった。

 この事態に激怒したのが動物保護団体だ。まず「イン・デフェンス・オブ・アニマル(IDA)」が、「この残酷な虐待と遺棄の責任者の逮捕と有罪判決につながる情報」に対して2500ドル(約40万円)の報奨金を出すと発表。さらに別の団体「ピース4アニマルズ(P4A)」もこの報奨金に5100ドル(約82万円)を追加し、計7600ドル(約123万円)となった。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差