• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サミットの“玄関口”名古屋駅周辺の厳しい喫煙規制

 2016年5月、伊勢志摩サミットが開催される。2027年にはリニアも開通。名古屋の存在感は格段に高まり、観光客、ビジネス客の訪問が急増する。「サミットの玄関口」となる名古屋駅周辺の喫煙・分煙環境はどうなっているのか。地元の関係者らは現状をどうとらえているのか。サミット会場となる賢島やVIPの訪問も想定される伊勢神宮周辺の状況はどうか。サミット開催まで9カ月。最新の分煙環境を取材した。

 新幹線出口に近い名古屋駅太閤通口。駅を出ると目の前に「ここは路上禁煙地区です。喫煙した場合は、2000円の過料に処せられます」との看板が目に飛び込んでくる。路面には禁煙のマーク。東京から新幹線で1時間半。駅前で一服を楽しもうという愛煙家は、いきなりカウンターパンチを見舞われる。

 公共の喫煙場所がないだろうか見回すが、残念ながら見当たらない。近くに空き地となっている空間があった。そこには空きペットボトルやごみと共にたばこの吸い殻が散乱していた。とても200万都市の駅前とは思えない寒々しい光景だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る