サミットの“玄関口”名古屋駅周辺の厳しい喫煙規制

公開日:  更新日:

 2016年5月、伊勢志摩サミットが開催される。2027年にはリニアも開通。名古屋の存在感は格段に高まり、観光客、ビジネス客の訪問が急増する。「サミットの玄関口」となる名古屋駅周辺の喫煙・分煙環境はどうなっているのか。地元の関係者らは現状をどうとらえているのか。サミット会場となる賢島やVIPの訪問も想定される伊勢神宮周辺の状況はどうか。サミット開催まで9カ月。最新の分煙環境を取材した。

 新幹線出口に近い名古屋駅太閤通口。駅を出ると目の前に「ここは路上禁煙地区です。喫煙した場合は、2000円の過料に処せられます」との看板が目に飛び込んでくる。路面には禁煙のマーク。東京から新幹線で1時間半。駅前で一服を楽しもうという愛煙家は、いきなりカウンターパンチを見舞われる。

 公共の喫煙場所がないだろうか見回すが、残念ながら見当たらない。近くに空き地となっている空間があった。そこには空きペットボトルやごみと共にたばこの吸い殻が散乱していた。とても200万都市の駅前とは思えない寒々しい光景だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る