サミットの“玄関口”名古屋駅周辺の厳しい喫煙規制

公開日: 更新日:

 2016年5月、伊勢志摩サミットが開催される。2027年にはリニアも開通。名古屋の存在感は格段に高まり、観光客、ビジネス客の訪問が急増する。「サミットの玄関口」となる名古屋駅周辺の喫煙・分煙環境はどうなっているのか。地元の関係者らは現状をどうとらえているのか。サミット会場となる賢島やVIPの訪問も想定される伊勢神宮周辺の状況はどうか。サミット開催まで9カ月。最新の分煙環境を取材した。

 新幹線出口に近い名古屋駅太閤通口。駅を出ると目の前に「ここは路上禁煙地区です。喫煙した場合は、2000円の過料に処せられます」との看板が目に飛び込んでくる。路面には禁煙のマーク。東京から新幹線で1時間半。駅前で一服を楽しもうという愛煙家は、いきなりカウンターパンチを見舞われる。

 公共の喫煙場所がないだろうか見回すが、残念ながら見当たらない。近くに空き地となっている空間があった。そこには空きペットボトルやごみと共にたばこの吸い殻が散乱していた。とても200万都市の駅前とは思えない寒々しい光景だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る