• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「2016たばこ白書」検証<下>「規制賛成が多数」は詳細説明なし

 白書案の取りまとめを行った8月31日の有識者検討会。会議の最後に福島靖正健康局長が「科学的評価に基づく報告書で、たばこ対策を進めていくよりどころ」と評価し「国民に知っていただきたい」と語っていた。

 東京五輪という国家イベントを最大限利用して受動喫煙対策の法制化、屋内全面禁煙化を進めたい厚労省としては、今回の白書は錦の御旗。白書の内容をメディアなどを通じてアピールすることで、世論を喚起していこうということなのだろうが、それにしては首をかしげたくなるような記述もある。

 たとえば、「たばこと世論」。ここでは1983年から継続して実施されている「喫煙に関する世論調査」を中心に取り上げている。受動喫煙防止対策についての項では、このほかに内閣府調査(1989年)、2013年の国民健康栄養調査についても触れているが、他人の喫煙を迷惑と感じる割合や受動喫煙防止対策の推進を望む場所についての記述が大半。法規制についての調査結果に関しては言及がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る