「2016たばこ白書」検証<下>「規制賛成が多数」は詳細説明なし

公開日:  更新日:

 白書案の取りまとめを行った8月31日の有識者検討会。会議の最後に福島靖正健康局長が「科学的評価に基づく報告書で、たばこ対策を進めていくよりどころ」と評価し「国民に知っていただきたい」と語っていた。

 東京五輪という国家イベントを最大限利用して受動喫煙対策の法制化、屋内全面禁煙化を進めたい厚労省としては、今回の白書は錦の御旗。白書の内容をメディアなどを通じてアピールすることで、世論を喚起していこうということなのだろうが、それにしては首をかしげたくなるような記述もある。

 たとえば、「たばこと世論」。ここでは1983年から継続して実施されている「喫煙に関する世論調査」を中心に取り上げている。受動喫煙防止対策についての項では、このほかに内閣府調査(1989年)、2013年の国民健康栄養調査についても触れているが、他人の喫煙を迷惑と感じる割合や受動喫煙防止対策の推進を望む場所についての記述が大半。法規制についての調査結果に関しては言及がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る