「2016たばこ白書」検証<下>「規制賛成が多数」は詳細説明なし

公開日: 更新日:

 白書案の取りまとめを行った8月31日の有識者検討会。会議の最後に福島靖正健康局長が「科学的評価に基づく報告書で、たばこ対策を進めていくよりどころ」と評価し「国民に知っていただきたい」と語っていた。

 東京五輪という国家イベントを最大限利用して受動喫煙対策の法制化、屋内全面禁煙化を進めたい厚労省としては、今回の白書は錦の御旗。白書の内容をメディアなどを通じてアピールすることで、世論を喚起していこうということなのだろうが、それにしては首をかしげたくなるような記述もある。

 たとえば、「たばこと世論」。ここでは1983年から継続して実施されている「喫煙に関する世論調査」を中心に取り上げている。受動喫煙防止対策についての項では、このほかに内閣府調査(1989年)、2013年の国民健康栄養調査についても触れているが、他人の喫煙を迷惑と感じる割合や受動喫煙防止対策の推進を望む場所についての記述が大半。法規制についての調査結果に関しては言及がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  5. 5

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  6. 6

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  9. 9

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る