「2016たばこ白書」検証<下>「規制賛成が多数」は詳細説明なし

公開日:  更新日:

 白書案の取りまとめを行った8月31日の有識者検討会。会議の最後に福島靖正健康局長が「科学的評価に基づく報告書で、たばこ対策を進めていくよりどころ」と評価し「国民に知っていただきたい」と語っていた。

 東京五輪という国家イベントを最大限利用して受動喫煙対策の法制化、屋内全面禁煙化を進めたい厚労省としては、今回の白書は錦の御旗。白書の内容をメディアなどを通じてアピールすることで、世論を喚起していこうということなのだろうが、それにしては首をかしげたくなるような記述もある。

 たとえば、「たばこと世論」。ここでは1983年から継続して実施されている「喫煙に関する世論調査」を中心に取り上げている。受動喫煙防止対策についての項では、このほかに内閣府調査(1989年)、2013年の国民健康栄養調査についても触れているが、他人の喫煙を迷惑と感じる割合や受動喫煙防止対策の推進を望む場所についての記述が大半。法規制についての調査結果に関しては言及がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る